DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

  • CD-Single
  • CD-Album
  • DVD+Blu-ray

iTunesから購入

2012.09.26 Release

木根尚登20周年記念ベスト リメークソロ「キネソロ」

商品番号:YRCN-95203 本体価格:2,857円+税


20周年記念ベスト リメークソロ "キネソロ"
木根尚登ソロデビュー20周年記念、4作連続ベストアルバムの完結編である本作は、
1st Decadeとも言える、EPICソニー時代(1992年~2000年)の楽曲をリメーク。
木根尚登が演奏するエレキピアノとエレキギターを中心にしたシンプルなアレンジでまとめた12曲。
ファン投票にて選ばれた、ファンにはおなじみ、そして評価の高い楽曲たちが勢ぞろい。

「ホントの君 ウソの君」
僕の小説を原作にした劇場用アニメ『ユンカース・カム・ヒア』の主題歌でした。他にも主題歌候補を作りましたが、試聴会で当時のプロデューサーがこの曲を途中まで聴いたところで、これで決まり、と即断。そして、超一流のスタジオミュージシャンやフルオーケストラなど、20年間のソロ・シングルの中もっとも贅沢なレコーディングを行いました。しかし、『キネソロ』ではあの試聴会のときのデモテープに近づく原点回帰しています。

「REMEMbER ME?」
オリジナルは96年。僕とは10代の頃からのつきあいの山本英美くんと90年代のTKサウンドを支えていたバンドNo!Galersによる一発録り。そのあとで小室くんがコーラスを重ねてくれました。イントロの印象的なギターは英美くんのアイデアと演奏です。『キネソロ』では、バンド練習の休憩時間でしょうか、何を弾くともなくエレキギターを鳴らしていたら、いつの間にかセッションが始まったといったイメージでリメークしています。

「Roots of The Tree」
1stソロ・ミニアルバムの表題曲です。そのアルバム・タイトルで悩んでいるとき、ボイストレーナーのMICHIKOさんにこう言われました。木根さんの名前は恰好良いから、そのまま英語にしちゃえば、Roots of The Treeってどうかしらと。その響きがとても気に入り、イメージを膨らませ、歌詞も書きました。曲調とメロディは、僕が愛してやまないエリック・カルメンの「All By Myself」を意識しています。

「もう戻らない」
93年、TBS系ドラマ『子子家庭は危機一髪』主題歌でした。編曲してくれた清水信之さんとは、当時僕がプロデュースしていた日置明子さんのレコーディングを通じて親交を深めました。その頃の事です、たまたま手にした音楽雑誌に清水さんのインタビュー記事が…。5年以内に木根尚登の時代が来る!!と発言されていて、びっくりするやら、嬉しいやら。あれから約20年。そろそろ僕の時代が来ても良さそうなものだと思っています(笑)。

「泣かないで」
僕のソロ・デビュー曲です。アマチュア時代はたまに作詞をしていましたが、作曲に比べると、それほど熱心だったわけではありません。そんな僕が作詞もしています。当時のプロデューサーが背中を押してくれたおかげでした。ただ、小説は空想でも書けたのに、歌詞は実体験からしか書けませんでした。この歌詞の情景はほぼすべて実話。そして、初めてのソロ・ライブの1曲目もこの曲。鍵盤の上で指が震えていたのを思い出します。

「思い出はクレセント」
これは作曲したときからボサノバでした。ボサノバ通ではありませんが、中学時代から映画音楽やイージーリスニングも好きだったので、知らず知らずのうちに馴染んでいました。『キネソロ』のレコーディング中、せっかくのリメークだからオリジナルと違うものにしなければならないと、アレンジの方向性で悩んだときがありました。しかし、メロディの良さを最大限伝える事が肝心だと、この曲のおかげで原点に立ち戻る事ができました。

「Close to the night」
「REMEMbER ME?」「Bless this Love」と同時期の曲です。そもそもは僕のアルバム用に書きましたが、小室くんのかげで大賀埜々さんへ提供する事になりました。作詞をしながら小室くんがこう言いました。「いろいろな事は夜に生まれるんだよね」と。「歴史は夜作られる」をもじったのでしょうか。僕と大賀さんのバージョンでは歌詞が異なります。木根版は、サビの歌詞を小室くんが書き、残りは彼の言葉を手がかりに僕が書きました。

「Bless this Love」
96年のアルバム『REMEMBER ME?』の収録曲です。あの夏、小室くんとレコーディングするため、山本英美くんとロスへ。当時の小室邸へ行くと彼は留守。時間を持て余した英美くんが庭のプールで泳いでいるところへ小室くんが帰宅。「あ、泳いでるんだ」「あまりにも気持ち良さそうだったので」「ふーん」「駄目でしたか」「僕はいいけど」。僕は?いいけど?何やら引っかかります。あ、すでに文字量オーバー。この結末はライブのMCで…。

「UNKNOWN TOWN」
僕がサウンドトラックも担当した映画『キリコの風景』の主題歌でした。主演は杉本哲太さんと小林聡美さんで、恥ずかしながら僕も少しだけ出演させていただきました。この曲を森口博子さんが気に入ってくれ、02年のミニアルバム『RUNNING ON』には「UNKNOWN TOWN featuring 森口博子」として収録しています。お茶の間では元祖バラドルのイメージが強い彼女ですが、僕の中では素晴らしい女性シンガー以外の何ものでもありません。

「風 太陽 海」
95年から僕が司会をしていたNHK教育テレビ『日曜ソリトン夢ときどき晴れ!』テーマソングでした。『キネソロ』のコンセプトの1つでもある、デモテープへの回帰、を形にできた1曲です。僕、サウンドプロデューサーの中村修司くん、妙齢のドラマー(本作ではジャンベとカホンですが)なかのくみさん、この3人編成を基本にしました。時代と逆行しているのかもしれませんが、僕はどうしてもこういうハンドメイドな音に惹かれます。

「GATE」
この曲のテーマは毎日がオーディション。アマチュア時代はオーディションの日々でした。ときには作曲賞やグランプリも獲得しましたが、落ちる事も普通でした。TMはそろそろ30周年、ソロは20周年ですが、今も変わらず毎日がオーディション。その初心を思い出させてくれる曲です。オリジナルは「レイラ」を意識しましたが、ここでは「トップ・オブ・ザ・ワールド」かな。デレク・アンド・ザ・ドミノスがカーペンターズになりました。

「誰かが君を愛してる」
テレビ朝日系『目撃!ドキュン今夜の決断』エンディングテーマでした。実はこの曲のデモテープを親しい女性シンガーに渡すと、とても気に入ってくれ、作詞も進んでいましたが…。やっぱり僕が自分で歌いたいとなり、ご迷惑をかけました。そして、ソロ・シングル制作のため、同じデモテープを作詞家の売野雅勇さんに渡すと、そこでも非常に気に入ってもらえ、素晴らしい歌詞を提供していただきました。なので、僕の中では伝説のデモテープと呼んでいますが、今は手元にないのが残念です。

木根尚登20周年記念ベスト リメークソロ「キネソロ」

1.ホントの君 ウソの君 視聴 iTunes
2.REMEMbER ME? 視聴 iTunes
3.Roots of The Tree 視聴 iTunes
4.もう戻らない 視聴 iTunes
5.泣かないで 視聴 iTunes
6.思い出はクレセント 視聴 iTunes
7.Close to the night 視聴 iTunes
8.Bless this Love 視聴 iTunes
9.UNKNOWN TOWN 視聴 iTunes
10.風 太陽 海 視聴 iTunes
11.GATE 視聴 iTunes
12.誰かが君を愛してる 視聴 iTunes

NEW RELEASE

2012.09.26 Release

木根尚登20周年記念ベスト リメークソロ

商品番号:YRCN-95203
本体価格:2857円+税

2012.07.04 Release

木根尚登20周年記念ベスト 提供楽曲集「

商品番号:YRCN-95202
本体価格:2857円+税

2012.04.18 Release

木根尚登20周年記念ベスト リマスターソ

商品番号:YRCN-95201
本体価格:2857円+税

2012.04.18 Release

木根尚登20周年記念ベスト TM楽曲集「

商品番号:YRCN-95200
本体価格:2857円+税

more

TOP